南アランド、びっくり急落(2017年8月6日)

今週の南アフリカランド/円についてです。

政治・経済ニュース

特に目新しいニュースはないように思いますが、ズマ大統領の不信任投票が一番の注目事項だと思います。

経済指標

今週はさほど重要な指標として扱われていませんが、貿易収支の発表がありました。予想8.4Bに対して、結果10.67Bととてもよい数値でした。

が、しかし、政治的な不安定さの方が影響力が大きいですね。先週以下のようにお伝えしたとおり、ズマ大統領の不信任投票が8月末に実施されます。それまではあれた相場が予想されますね。

ここは政治・経済ニュースで書いた通り、不信任投票の結果も大きく影響しそうです。

来週はさほど重要な経済指標ではありませんが、外貨準備金の発表があります。

ZAR/JPYのRSI、一目均衡表、上値抵抗線/下値支持線

現時点のZAR/JPYの短期、中期でのシグナルは以下のとおりです。

指標 値(短期) 短期シグナル 値(中期) 中期シグナル
RSI 36.7(先週-9.1) - 43.4(先週-8.7) -
一目均衡表 - 売(雲を下抜け) - (雲の上)
上値抵抗線/下値支持線 8.7円/8.5円 8.9円/8.5円 -

RSIは短期、中期ともかなり値が下がってきました。特に買/売シグナルは出ていませんが、短期では36.7とかなり低い値となっています。打診が買をしてもいいかもしれませんね。
中期のRSIは今年の4月くらいから50から60の間を行ったり来たりしてましたが、今週の急落により43.4とかなり下がってきています。

一目均衡表は短期は雲を下抜けしたため、「売シグナル」としています。ただ、中期ではまだ雲の上にいます。やはり先週お伝えしたとおり、ズマ大統領の不信任投票が行われるということで、その影響をかなり受けていますね。

上値抵抗線/下値支持線は短期では今週の急落で下値支持線を下回ってしましました。ちょっと今後が読みにくい状況ですが、今週は今の水準相当かなと思っています。最悪は8円くらいまで下がることが予想されます。南アフリカランドは下がるときは一気に下がりますから。

短期チャート

中期チャート


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン