南アランド、ズマ大統領が窮地に陥る(2017年7月30日)

今週の南アフリカランド/円についてです。

政治・経済ニュース

南アフリカの8年以上ズマ大統領が君臨しています。しかし、最近かなり旗色が悪い状況です。

皆さんもご存知だとは思いますが、南アフリカランド安を招いた、南アフリカで人気の財務相のゴーダン氏を解任や汚職問題があったりしました。

汚職問題はインド系富豪のグプタ家と癒着して、グプタ家に有利な国営企業との契約がされたというものです。そして、見返りにグプタ家はズマ大統領に約28億円もするドバイの邸宅を購入した疑いが出ています。

そんな状況なので、当然、与党であるアフリカ民族会議(ANC)の内部からも辞任を求める発言が出るなど起きており、8月に下院で不信任投票が行われます。

投資家はこのような政治のごたごたは嫌いなので、政治的な要因から南アフリカランド安に向かう可能性があります。

個人的には汚職を撲滅しようと頑張っている前財務相のゴーダン氏に大統領になってもらえると、南アフリカランドは安心できると思っています。

経済指標

 

今週は重要な経済指標の発表はありませんでした。

来週も重要な経済指標の発表はありません。

ZAR/JPYのRSI、一目均衡表、上値抵抗線/下値支持線

現時点のZAR/JPYの短期、中期でのシグナルは以下のとおりです。

指標 値(短期) 短期シグナル 値(中期) 中期シグナル
RSI 45.8 (先週-6.5) - 52.1(先週-3.9) -
一目均衡表 - 上から雲に突入 - (下から雲抜け)
上値抵抗線/下値支持線 8.7円/8.4円 - 8.9円/8.6円 -

RSIは短期、中期とも特に買/売シグナルは出ていません。
中期のRSIは今年の4月くらいから50から60の間を行ったり来たりしてます。今は50近傍です。買いシグナルは30以下なので、全然程遠いですね。

一目均衡表は短期は上から雲の中に突入してしまいました。ただ、中期ではまだ雲の上にいます。わたしはここで踏みとどまるとみていますが、もしかすると下抜けする可能性も否めません。
ここは政治・経済ニュースで書いた通り、不信任投票の結果も大きく影響しそうです。

上値抵抗線/下値支持線は短期では8.7円のラインを越えられるかどうかだとみています。ここ2か月くらい、8.7円を超えそうな場面が何度もありましたが、なかなか超えられずにいるためです。8.7円を超えてブレークしてほしいところです。ただ、何度も挑戦し超えられていないので、超えるにはかなりのエネルギーがいるように思います。

短期チャート

中期チャート


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン