南アランド、一目均衡表で一瞬危うい感じでしたが(2017年7月9日)

今週の南アフリカランド/円についてです。

経済指標

今週は7月7日に外貨準備金(USD)の発表がありました。

外貨準備金(USD)予想が47.00Bに対して、結果が47.35Bと予想より多い準備金でした。
外貨準備金はそもそも国内経済の成長には役立たない代物です。外貨準備金は保有していることに意味があります。活用されるシーンとしては、通貨危機になり通貨の価値が大暴落した時です。外貨準備金を使って自国の通貨を買うことで、自国の通貨の暴落を防ぐことができます。

ということで、FXをする上で、外貨準備金が多い通貨は若干ではありますが、安心感があります。ただし、平時は為替への影響はほとんどない経済指標と言われています。

来週は特に重要な経済指標の発表はありません。

ZAR/JPYのRSI、一目均衡表、上値抵抗線/下値支持線

現時点のZAR/JPYの短期、中期でのシグナルは以下のとおりです。

指標 値(短期) 短期シグナル 値(中期) 中期シグナル
RSI 48.7 - 54.1 -
一目均衡表 - (雲抜け) - (雲抜け)
上値抵抗線/下値支持線 8.7円/8.5円 - 8.9円/8.5円 -

RSIは短期、中期とも特に買/売シグナルは出ていません。

一目均衡表は短期と中期ともに雲を抜けている状況です。しかし、短期の方では一時的に雲の薄い部分を下抜けし、またすぐに雲の上に戻りました。まだまだ雲が薄いので、簡単に雲の下に行ってしまう可能性はまだまだあるのかと見ています。中期では少し厚めの雲の上に位置しています。

上値抵抗線/下値支持線は短期では一時下値支持線を下回ったり、すぐに戻っています。若干危うい感じがしています。中期的には下値支持線に近いところに位置しています。中期的には上値抵抗線を突破するのではと考えています。

短期チャート

中期チャート


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。