南アランド、もしかして今後しばらく安泰か(2017年7月1日)

最近南アフリカランドが好調のようです。

 

経済指標

今週は生産者物価指数、貿易収支の発表がありましたね。

生産者物価指数では予想4.7%に対して結果4.8%でした。よかったので、買要素ではありますが、落とし穴があります。去年などは約7%と高い値でした。つまり中期で見るとかなり生産者物価指数が落ちてきているということです。では生産者物価指数で何?ってことになると思いますが、インフレ率(物価上昇率)の判断に用いられています。

次に貿易収支です。こちらは予想10.6Bに対して結果9.49Bでした。こちらは売要素です。しかし市場はほとんど反応していません。いつも予想と結果のブレが大きい指標なので、参考にならないのかもしれませんね。

ZAR/JPYのRSI、一目均衡表、上値抵抗線/下値支持線

現時点のZAR/JPYの短期、中期でのシグナルは以下のとおりです。

指標 値(短期) 短期シグナル 値(中期) 中期シグナル
RSI 53.2 - 57.8 -
一目均衡表 - 買(雲抜け) - 買(雲抜け)
上値抵抗線/下値支持線 8.69円/8.6円 - 8.9円/8.4円 買(上値抵抗線越え)

RSIは短期、中期とも特に買/売シグナルは出ていません。
一目均衡表は短期と中期ともに雲を抜けている状況です。上昇トレンドに入ったとみていいと思います。
上値抵抗線/下値支持線は短期、中期ともに上値抵抗線/下値支持線の中間くらいに位置しています。そして、上値抵抗線/下値支持線の幅がどんどん狭くなっています。近々上値抵抗線を突破するか、下値支持線を割りそうですね。ではどちらに振れそうかというと、一目均衡表が買シグナルが出ているため上値抵抗線を突破するのではないかと見ています。

短期チャート

中期チャート



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン