南アフリカが今月初めにリセッション入りを発表して2週間経過

りょうです。おひさしぶりです。

南アフリカの南アフリカ統計局が2017年6月6日にリセッション(景気後退)を入りを発表して2週間が経過しました。

為替と各種発表の関係を知っておくことは非常に重要なので、記録として残しておきたいと思います。ただし、まだ2週間しか経っていないので、途中経過という意味合いです。

以下がリセッション入りを発表してから今日(2017年6月20日)までの為替です。

赤い矢印の部分が発表された日です。

発表された当日は2%強ZAR/JPYは急落しています。

しかし、その後、一進一退といったところで、ずるずる下落していく感じではないことが分かると思います。

南アフリカランドは新興国通貨なのでボラティリティは高いですが、それほど気にかける必要はないかと思います。



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン