南アランド、高金利通貨の中で失業率が突出(2016年3月6日)

前回、「GDP成長率を大幅下方修正」を書きました。

先週は為替レートは少しですが盛り返してきています。

 

ちょっと南アフリカの経済指標を見ていて、気になったのが、失業率。

2016年2月25日に南アフリカ失業率 (Q4)が発表されていたのですが、なんと24.50%!!

これでも南アフリカ失業率(3Q)よりも改善されているのです。3Qは25.5%ですから。

高金利通貨の中で次に高いのはトルコなのですが、それでも10%。南アフリカの失業率の異常な高さが分かりますね。

長期の投資においては目の前の為替レートに一喜一憂するのではなく、長期的な成長を見ていく必要があると思っています。

4人に1人が働いていないというこの状況で、経済的な成長はどうなのかなと少し思ってしまいました。

 

現在のRSIは54.67と先週から+15.62と大幅に上昇しています。

上値抵抗線は7.602、下値支持線は6.940円を想定しています。

 

先週は特に重要な経済指標の発表はありませんでした。

今週も特に重要な経済指標の発表はありません。

南アフリカランドのRSI、上値抵抗線と下値支持線

指標 シグナル
RSI 54.67 中立
上値抵抗線 7.602円
下値支持線 6.94円

zarjpy-20160306


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。