南アランド、今週はあまり変化なしかな(2015年8月2日)

先週「南アランド、中国のPMI、世界株安で大幅下落」を書きました。

先週の大幅下落後は一進一退の状況が続いています。

先週は特に目立った経済指標の発表もありませんでしたし、世界的に大きな出来事はありませんでした。

今週も目立った経済指標の発表はありませんね。今週はあまり変化なしかなと見てます。

一目均衡表は以下の状況で良いところなしです。もうしばし様子見といったところですね。

判定基準 結果
基準線の方向性
基準線と転換線の位置関係 ×
雲と為替レートの位置関係 ×
遅行線と為替レートの位置関係 ×

RSIからはもう少し下がると買いサインが出そうです。

南アランドの一目均衡表とRSI

zarjpy_20150801

基準線と転換線

方向性を示す基準線は先週から引き続き水平です。

先週から変わらず、転換線は上昇しほぼ基準線と同じです。あと少しすれば、転換線が基準線を上抜けしそうです。

抵抗帯(雲)

雲を下抜けした状況が続いています。

遅行線

遅行線が為替レートの下に位置している状況です。

RSI

もう少し下がったら買いサインが出そうです(^^ゞ



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン