南アランド、中国のPMI、世界株安で大幅下落(2015年7月26日)

先週「南アランド、一目均衡表からはあと少しで・・・」を書きました。

先週上昇を見せれば、上昇トレンドに向かうかなぁと言っていましたが、上昇は見せず、最終の金曜日に大幅下落をしました(>_<)

やはり、確実に上昇トレンドに入るまでは油断してはいけないですね(;一_一)

先週は南アフリカでは特に大きな出来事はありませんでしたが、中国のPMIや世界の株価の下落で引きずられる形で大幅下落でした。

ずっと静観していますが、来週も特に大きな経済指標の発表もないため、静観を決め込もうかと思っています。

一目均衡表からは基準線は△、基準線と転換線の位置関係は△、雲と株価の位置関係は×、遅行線と株価の関係は×です。RSIからはまだ買い時ではないと見ています。

南アランドの一目均衡表とRSI

zarjpy_20150725

基準線と転換線

方向性を示す基準線は先週から引き続き水平です。

転換線は上昇しほぼ基準線と同じです。あと少しすれば、転換線が基準線を上抜けしそうです。

抵抗帯(雲)

今後が楽しみと先週言いましたが、大幅下落により、雲を下抜けしてしましました(>_<)

今後が楽しみですね(*^^)v

遅行線

為替レートの急降下により、遅行線が株価の下に行ってしまいました。

RSI

RSIからはもう少し下落して戻すように見えます。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。