トルコリラ、経済OK、為替もOK?(2017年9月17日)

今週のトルコリラ/円についてです。

経済ニュース

イギリスのフィナンシャル・タイムズが「トルコが短期間で急速成長国になり、さらに成長するだろう」とトルコを高く評価した記事を出していますね。

今後が楽しみですね。

経済指標

 

今週は以下の経済指標の発表がありました。

  • 国内総生産(GDP)の前年比(2017/09/11)
  • 政策金利(2017/09/14)

国内総生産の発表は予想5.3%に対して結果は5.1%でした。予想には達していませんが、国内の情勢不安など色々言われていますが、着実に成長していますね。

少し驚いたのですが、農業部門は4.7%の増加に対して、工業部門が6.3%、建設部門が6.8%の増加している点です。近代化が加速して言っている証拠ですね。

政策金利は予想8.0%に対して結果8.0%の据え置きです。スワップポイント派の投資では一安心といったところではないでしょうか。

来週は特に重要な経済指標の発表はありません。

TRY/JPYの為替レート、RSI、一目均衡表、上値抵抗線/下値支持線

現時点のTRY/JPYの短期、中期でのシグナルは以下のとおりです。

指標 値(短期) 短期シグナル 値(中期) 中期シグナル
RSI 60.1 - 56.2 -
一目均衡表 - 買(雲上) - (雲中)
上値抵抗線/下値支持線 32.0円/30.7円 買(上値抵抗線再度突破) 32.0/29.1円 買(上値抵抗線突破)

先週以下のように言いましたが、ほとんど調整が入らず上昇しましたね(^-^;

ただし、直近では急激に上昇しているので、若干調整が入ると思っています。

RSIは短期では60.1と高めの値となっています。中期でも56.2と上昇しています。

一目均衡表は短期では雲を下から上に突き抜けている状況です。中期ではまだ雲の中に突入して1週間程度です。短期ではこの先の雲が薄めなため、下落する可能性はあるかもしれませんが、大丈夫だとふんでいます。これからの3~4週で本格的に上昇トレンドに入るかどうかが決まりそうです。

上値抵抗線、下値支持線は、ここ3か月ほどボックス相場でしたが、上値抵抗線であった32.0を突破した状態が1週間続いている状況です。もう少しすれば安定的に超えた状態になるかなと見ています。

短期チャート

中期チャート


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。