トルコリラ、政策金利は7.5%維持、為替レートが・・・(2016年2月27日)

前回、「1月15日付けた安値をも下回り」を書きました。

またまた下値更新していますね。

2016年2月19日に付けた37.92円も下回り、現在37.89円になってます(T_T)

どこまで下がることやら・・・

 

下値支持線も割ったことから、さらなる下落があるかもしれませんね(-“-)

 

現在のRSIは39.19と先週より+3.91です。このレベルであれば、買いの発動はまだまだ先ですね。もっと下がってRSIが30を割ってくれれば、買いの発動を検討する予定です。

今のところ上値抵抗線は40.1円、下値支持線は37.89円かなと見ています。

 

2016年2月23日に政策金利の発表がありましたね。市場予想7.5%に対して、結果も7.5%という結果でした。

来週は 2016年3月3日にトルコ消費者物価指数 (前月比) の発表があります。市場予想は+0.3%です。

トルコは最近テロ等々治安がよくないので、消費者物価指数にどのような影響があるのかちょっと気にしています。

 

オーストラリアドルやニュージーランドドルと比べると利下げリスクが低く、高金利のトルコリラはスワップポイントという点では安心できますね(^^ゞ

 

トルコ国内で抱えている問題は以下です。

  • イスラム国との対立
  • クルド労働者党(PKK)との対立
  • トルコによるロシア機の撃墜によるロシアとの関係悪化

 

トルコリラのRSI、上値抵抗線と下値支持線

指標 シグナル
RSI 39.19 中立
上値抵抗線 40.1円
下値支持線 37.89円

tryjpy-20160227

 


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン