トルコリラ、政策金利発表。市場予想8.0%、結果7.5%。市場期待を裏切ると・・・(2015年12月26日)

前回「トルコリラ、利上げの影響あまりなし。来週の政策金利発表で7.5%→8.0%」を書きました。

今週は若干下げていますね。先週の下落に比べたら大したことありませんでしたけどね。

今週は上値抵抗線に抵抗されて上昇を抑えられた感じですね。

その結果、為替レートは先週雲の中にいたのですが、雲の下に位置してしまいましたね(^_^;)

下値支持線がいまいち分からないので、最悪のケースで39円当たりにおいたままです。

 

 

今週は政策金利の発表が2015年12月22日にありました。現在の政策金利が7.5%に対して市場予想は8.0%でしたが、結局は変わらずの7.5%でした。残念・・・

実はそれを受け、一時は41.3円から40.9円くらいまで下落しています。1%弱ですね。日足では分かりににくいですが。その前には利上げ期待の上昇があったのでなおさらでしょうけど。

市場予想と違った結果になることは非常に恐ろしいですね(^_^;)

来週は重要な経済指標の発表はありません。

 

トルコ国内で抱えている問題は以下です。

  • イスラム国との対立
  • クルド労働者党(PKK)との対立
  • トルコによるロシア機の撃墜によるロシアとの関係悪化

一目均衡表は今週堅調だったため、「基準線の方向性」、「雲と為替レートの位置関係」が△に改善しましたが、悪い状況が続いています。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 ×
遅行線と為替レートの位置関係 × ×

トルコリラの一目均衡表

tryjpy-20151226

基準線と転換線

方向性を表す基準線は今週は水平でした。

転換線が基準線の下に潜って2週間が経過しました(>_<)

抵抗帯(雲)

今週上値が抑えられたため、為替レートは雲の下に位置してしまいました(>_<)

遅行線

遅行線も為替レートの下に位置して2週間が経過しました(>_<)


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。