トルコリラ、ここで持ちこたえて雲から顔を出せば上昇?(2015年6月12日)

2015年10月17日

前回「トルコリラはワーストケースが現実になり上昇基調から一転大暴落」を書きました。

その後も下落しましたが、6月11日には少し持ち直しましたね(*^^)v

それにしても、まさかの与党過半数割れ・・・こたえましたぁ(>_<)

 

前回の記事で、「大幅下落したからレバレッジ3倍の運用で、利回りが約1.3%良くなったよ」と書きましたが、ここで買える方は素晴らしいと思います。

 

良くなったよと言ったわたしは・・・勇気を振り絞ることができませんでした(^^ゞ

 

一目均衡表は総選挙で過半数割れによる下落により、雲の上から雲の中に突入してしまいましたが、あと少し上昇すれば、雲を突き抜けそうです。ファンダメンタル的に大きな問題がなければ、雲から顔を出すのではと見ています。

トルコリラの一目均衡表

tryjpy_20150612

 

基準線と転換線

方向性を表す基準線は水平を維持しています。

転換線はまだ基準線の上にとどまってますね。なんとか。

抵抗帯(雲)

総選挙の結果を受けて、あっとゆうまに雲に突入。その後、反発してあと少しで雲から顔を出しそうです。

遅行線

遅行線が株価の上を何とかとどまっている感じですね。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン