高金利通貨国の政策金利の時系列データとその平均、平均4.6%あれば十分?

現時点(2017年6月)での高金利通貨国の政策金利の時系列データとその平均を調べました。下記の記事のアップデートですね。

高金利通貨国の政策金利

※トルコはデータが2010年5月からしか見当たらなかったので、それ以前は0という扱いにしています。

考察

もともと高金利通貨と言われていた豪ドル、NZドル、南アフリカランド、トルコリラの4通貨の政策金利です。

オーストラリア、ニュージーランドは先進国にも関わらず、高い金利で、3~4%でした。

しかし、2015年3月くらいからオーストラリア、ニュージーランドは政策金利を引き下げていきました。

現在ではオーストラリア、ニュージーランドの政策金利はそれぞれ1.5%、1.75%です。ニュージーランドの方が若干高いですね。

とはいうものの1.5%、1.75%の政策金利では高金利通貨と言えないレベルだと考えています。

スワップポイント派の投資はロスカットされないレバレッジで運用することが重要です。ロスカットされないレバレッジは色々シミュレーションした結果、ロスカットされないレバレッジは2.4倍です(現在のわたしのレバレッジは3倍ですが、平時はこのくらいでいい気がします)。

ニュージーランドでレバレッジをかけても1.75%×2.4倍 =4.2%の利回りです。

そうなると、例えばアメリカ株の高配当株の方がレバレッジをかけてない状態で5%を超えたりしているので、そちらに投資した方がいいかもしれません。

ただし、トルコリラ、南アフリカランドのみで投資をすることはお勧めしません。

なぜなら、トルコリラ、南アフリカランドはボラティリティが他の通貨に比べて高いからです。そのため、上記のグラフで平均線を入れていますが、各通貨ペアを均等に保有するのがいいかなと考えています。

4通貨国の平均の政策金利は4.56%で、レバレッジ2.4倍の場合、11%の利回りになり、3倍の場合は13.7%とある程度満足いく利回りだと思います。

わたしは若干トルコリラ、南アフリカランドの比率が高めですが(^^ゞ


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。