高金利通貨国の政策金利の時系列データとその平均

スポンサーリンク

高金利通貨国の政策金利の時系列データとその平均が気になったので調べてみました。

調べた結果が以下となります。

トルコはデータが2010年5月からしか見当たらなかったので、それ以前は0という扱いにしています。

平均というのはオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、トルコの政策金利の平均です。トルコの政策金利のデータがない2010年4月以前はオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの政策金利の平均です。

interest-rate-201601

どの通貨もリーマンショック後に徐々に政策金利が小さくなっているのが分かりますね。

 

オーストラリアは一番政策金利が高い時で7.25%です。現在の政策金利2%です。

豪ドル/円をレバレッジ3倍で運用すると一番政策金利が高い時は21.75%で現在は6%なので、3.6倍の差があります。

 

すべて均等に通貨ペアを保有していたとすると、一番平均の政策金利が高い時で9.17%です。現在の政策金利の平均は4.56%です。

レバレッジ3倍で運用すると一番政策金利の平均が高い時で、27.51%で、現在は13.69%なので、2.0倍の差となります。

 

こうして計算してみると、スワップポイント狙いの場合、一時的な評価損やボラティリティの高さを嫌がってZAR、TRYを買わないという選択はよくないのかなぁと思っています。

複数通貨ペアに分散してを購入した方がいいのかなぁと思っています。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP