NZドル、今は買われ過ぎか?当面購入は見送る?(2017年6月24日)

久しぶりの通貨ペア個別の記事です。

NZD/JPYについて書きたいと思います。

NZD/JPYのRSIの状況

RSIは69.4から71.9へ2.5ポイント上昇しています。RSIは70以上は買われ過ぎと見るので、今は買い時ではないと思います。

ニュージーランドの重要な経済指標

今週は2017/6/22に政策金利の発表を行いました。

市場関係者の予想通り、政策金利は1.75%と据え置きでした。

最近はニュージーランドドルはドル安の傾向です。声明によるとニュージーランド準備銀行(RBNZ)は今のドル安方向が好ましい状況と思っており、ドル高に向かわないようにけん制しているくらいです。

ニュージーランドドルについて思うのは政策金利が1.75%です。レバレッジ3倍でも5.25%なので、高金利通貨とは言えない状況だと思います。

これだったら、米国や日本などの高配当株を購入した方が合理的だと思えるレベルかと思います。

なので、ニュージーランドドルは売りはしないものの、購入は当面しないと思います。

NZドルのRSI、上値抵抗線と下値支持線

指標 シグナル
RSI 71.9 買われすぎ
上値抵抗線 83円
下値支持線 77円

以下は週足のチャートです。ですので、RSIの値が上述した値と違って見えます。



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン