NZドル、利下げしたらどこまで下がるの?(2015年7月18日)

2015年10月17日

先週「NZドル、81円を抵抗線にウロウロする展開か」を書きました。

先週前半は何とか持ちこたえようとしていましたが、後半急落しましたね。

おおよそ81円を抵抗線にしている感じですかね。

なぜ急落したかというと、先週書いたとおり非常に重要な経済指標である消費者物価指数(Q2)が2015年7月16日に発表され、その内容が芳しくなかったらです。

消費者物価指数(Q2)の予想が0.6%に対して、0.4%と予想に届かなかったためです。

なぜ、それで下落するか??

今ニュージーランドドルの政策金利は3.25%ですが、消費者物価指数(Q2)の結果から、0.25%利下げされることが意識されたからです。

当然政策金利が下がれば、為替レートはさらに下落すると見ています(>_<)

どこまで下がるかって??

さっぱり分かりません(^^ゞ

2013年8月に付けた85円くらいですかね。

政策金利は発表は来週の7月23日です。覚悟して挑みましょう!!!

当然ですが、一目均衡表的にはいい要素は一切ありません。

NZドルの一目均衡表

nzdjpy_20150718

基準線と転換線

転換線が基準線を下回っている状態が続いています。方向性を表す基準線は急落状態(+_+)

いい要素は一切ありません。

抵抗帯(雲)

雲を大幅に下抜けした状態が続いています。

株価は雲のはるか下です。

遅行線

遅行線は株価のかなり下に位置しており、かなりダメダメな状況ですね。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。