NZドル、利下げ後の下落に追い打ち。GDPの発表を受けてさらに下落。今後も下落基調か(2015年6月20日)

2015年10月17日

先週「88.1円の下値支持線は利下げで崩壊。次は85.3円?」を書きました。

今週、前半は踏みとどまりそうに見えましたが、週の後半下落が加速し、84.68円まで下がってしまいました。

先週の投稿した記事で下値は85.3円と言っていましたが、かるく下抜けしてしまいました。完敗です(>_<)

週の後半で急落したのには理由があります。

今週の18日に発表があった1QのGDPが予想0.6%増を大きく下回り、0.2%増という結果で、7月に更なる追加利下げされる可能性が高まったことから、更に急落したのです。

 

ということは、来月も下落していく傾向のように思います。

ここは耐えるしかないかな。今のところ、売る気はあまりないです。

2014年の2月に付けた81円台になったら、心が折れて売っちゃうかも(>_<)

NZドルの一目均衡表

nzdjpy_20150620

 

基準線と転換線

転換線が基準線を下回っている状態が続いています。方向性を表す基準線は急落状態(+_+)

いい要素は一切ありません。

抵抗帯(雲)

雲を大幅に下抜けした状態が続いています。

遅行線

遅行線は株価のかなり下に位置しており、かなりダメダメな状況ですね。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン