人民元/円を高金利通貨と呼べない理由

人民元/円(CNH/JPY)は一見すると高金利通貨のように見えます。

しかし、わたしはなんとなく高金利通貨と呼びにくいです。

スワップポイントの視点でなぜ呼べないかを見てみたいと思います。

高金利通貨の代表トルコリラ/円のスワップ

高金利通貨の代表であるトルコリラ/円の2017年6月のスワップポイントです。

スワップポイントが一定しており安定感があります。もう少し長期で見るとガタガタしますが、月単位くらいだとスワップポイントは安定しています。

人民元/円のスワップポイント

次に人民元/円のスワップポイントを見てみたいと思います。

どうでしょう?
グラフにしてみるとガタガタ度合いが半端ないと思いませんか?
スワップポイントが0の時だけでなく、マイナスの時すらあります。

まとめ

上記のように人民元/円は為替変動に加えて、スワップポイントの変動もかなり大きいです。そしてスワップポイントを支払う時すらあるのです。そのため、わたしは人民元/円を高金利通貨とは呼びにくいのです。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。