豪ドル、さらに上昇する可能性は?(2017年7月2日)

高金利通貨ではないと言いましたが、今後はどうなるかわからないのでウォッチしていこうと思っています。なんせオーストラリアは26年もの間、景気後退をしていない国ですから。

経済指標

今週は 民間向け信用の発表がありました。

民間向け信用の予想は0.4%に対して結果は0.4%と予想と一致した結果でした。この民間向け信用は高い数値であればあるほど大きな金額を借入できることを示し、経済成長にプラスの影響を与えます。

リーマンショック前までの10年くらいは平均で0.8%程度ありましたが、リーマンショックの時には0.1%~0.2%くらいでした。その後持ち直して現在の0.4%くらいです。まだ完全復活という感じではないのかもしれません。または成長が鈍化していると見ることができると思います。

AUD/JPYのRSI、一目均衡表、上値抵抗線/下値支持線

現時点のAUD/JPYの短期、中期でのシグナルは以下のとおりです。

指標 値(短期) 短期シグナル 値(中期) 中期シグナル
RSI 72.2 62.2 -
一目均衡表 - 買(雲抜け) - 買(雲抜け)
上値抵抗線/下値支持線 84.5円/81.6円 買(上値抵抗線越え) 86.8円/81.4円 -

RSIは短期では買われすぎの水準です。中期では買われすぎとまではいきませんが、かなり高い値になってきています。
一目均衡表は短期と中期ともに雲を抜けている状況です。上昇トレンドに入ったとみていいと思います。
上値抵抗線/下値支持線は短期では上値抵抗線を超えており、買いシグナルが出ています。中期では上値抵抗線の近傍まで来ており、あと少しで買いシグナルが出るところまで来ています。

短期的には少し下がる可能性もありますが、中期的には上昇もう少し上昇するのではないかと見ています。

短期チャート

中期チャート


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。