豪ドル、投資の格言通りに実行(2016年1月16日)

前回、「予想はずるずる下落だったが、実際は急落。購入?」を書きました。

その中で、以下のように書きました。

もしかすると来週あたり、購入の報告をするかもしれません。

 

投資の格言でも「人の行く裏に道あり花の山」や「人が売るときに買い人が買うときには売れ」と言いますし、結局、AUD/JPY240通貨を81.7014円で購入しました。

audjpy-buy-20160116

先の「トルコリラの購入の記事」ではSBI証券での購入でしたが、こちらはSBIFXでの購入です。2016年1月11日に仕込んでいるので、昨日の下落は直撃してしまいました(>_<)

SBI証券は購入単位が大きいので、ちょこちょこ購入することはできませんが、SBIFXはちょこちょこ購入できるのであまり痛手ではありません。(詳しくはこちら

現状では多分底はどこかなんて誰にも分りませんね。なので、長期投資の視点で、ちょこちょこ購入して、建単価を下げれればと思っています。

 

 

今週は2016年1月14日に雇用者数増減 (12月)の発表がありました。市場予想-12.5Kに対して、結果は-1.0Kと良好な結果でした。

来週は特に重要な経済指標の発表はありません。


一目均衡表は以下のとおり。悪化しています。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性 × ×
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 × ×
遅行線と為替レートの位置関係 × ×

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20160116

基準線と転換線

方向性を表す基準線は急落して2週間経過しています。

転換線が基準線を下回って5週間経過しました(>_<)

抵抗帯(雲)

為替レートは雲のはるか下に位置しています。

遅行線

遅行線が為替レートを下回って3週間経過しました。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン