豪ドル、予想はずるずる下落だったが、実際は急落。購入?(2016年1月9日)

前回、「もう少し購入したいので、下落してほしいが・・・」を書きました。

先週の記事で以下のように書きましたが、ずるずるではなくドカンと下げましたね。

今もこれ以上下落すれば、ずるずる下落するかなという見通しは変えていません。

 

 

また、以下のようにも書きました。しかし、買っていません(^^ゞ

もう少し、下落してくれたら、追加購入したいですね。

 

買わなかった理由は、仕事に忙殺されていて、気が付けなかったというだけの理由です(^_^;)

もしかすると来週あたり、購入の報告をするかもしれません。

 

今週は2016年1月8日に小売売上高 (前月比) (11月)の発表がありました。市場予想は0.4%に対して結果0.4%でした。

今の状況ではオーストラリアの個別の経済指標がイーブンだったからといって何か影響があるというわけではありません。ただ、長期投資としては見ていく必要がある指標だと思います。

来週は2016年1月14日に雇用者数増減 (12月)の発表があります。市場予想は-12.5Kです。


一目均衡表は以下のとおり。悪化しています。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性 ×
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 ×
遅行線と為替レートの位置関係 ×

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20160110

基準線と転換線

方向性を表す基準線は急落しています。

転換線が基準線を下回って4週間経過しました(>_<)

抵抗帯(雲)

あっとゆうまに雲を大きく下抜けしてしまいました。

遅行線

遅行線が為替レートを下回って2週間経過しました。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

以前おすすめしていたSBIFX以外のFX会社は結局使わなくなりました。本サイトはスワップポイント派のFX会社としてはSBIFXだけで十分と判断しています!! どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。