オーストラリアドル、一目均衡表が!(2015年10月24日)

スポンサーリンク

前回、「トレンドラインから見るあと少しで上昇??」を書きました。

前回88円を越えると上昇基調と書きましたが、88円は越えませんでした(;一_一)

今週の最新のチャートのトレンドラインから見たレジスタンスは87.65円と見ています。

レジスタンスは下の為替チャートを見てください。

来週初めに上昇するかどうかがポイントかと思います。

 

気になる点としてはちょっと先ですが、2015年11月3日に政策金利の発表があります。

市場では来年の2月までにさらに利下げがあると見込んでいるみたいです(;一_一)

オーストラリア準備銀行は前回の利下げにより、経済活動のリバランス(資源に偏りすぎていた)、労働市場の改善が進んだと言っており、来月の政策金利は据え置きかと思っています。

それにしても、これ以上の利下げは勘弁してほしいなぁ・・・これ以上下がったら高金利通貨でなくなってしまうし・・・

 

今週は特に重要な経済指標の発表はありませんでした。

来週は2015年10月28日に「消費者物価指数 (前期比) (Q3)」の発表があります。市場予想は0.6%ですが、それよりも低いのでは?と見ています。

 

一目均衡表は以下のとおり、遂に為替レートが雲を突き抜け、判定基準がすべて○になりました。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性
基準線と転換線の位置関係
雲と為替レートの位置関係
遅行線と為替レートの位置関係

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20151024

基準線と転換線

方向性を表す基準線は上昇基調にはいり、2週間経過しました。

転換線は基準線の位置関係は転換線が基準線を上回り2週間経過しました(*^^)v

抵抗帯(雲)

遂に為替レートが雲を突き抜けました(*^^)v

遅行線

遅行線が為替レートを上回り、2週間経過しました(^O^)/


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP