南アフリカランドは対ドルで13年ぶりの安値

スポンサーリンク

少し、びっくりしました。南アフリカランドが対ドルで13年ぶりの安値になったとのことです。

その理由としてはアメリカの利上げ観測を受けてとのこと。

アメリカが順調に回復して行くと、南アフリカランドやトルコリラといった新興国通貨が売られ、ドルが買われるという状況になるのは当たり前ですね。

新興国通貨はオーストラリアドルやニュージーランドドルと比較すると色々と問題を抱えているし、景気見通しも悪いものばかりなので、相対的に売られやすいため、下落が激しいのでしょうね(>_<)

とはいってもわたしは投資のスタンスは変えるつもりはありません。

スワップポイント狙い一筋で行きたいと思ってます。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP