南アランド、やはり人が重要!8.4円くらいまでは戻すかな?(2015年12月20日)

前回、「下値はどこ?調べた限り2000年台では最安値!!」を書きました。

その後、今週は上昇しましたね。一安心です。

前回の記事で書いた2008年10月26日に付けた8.313円までは戻していません。

もしかすると南アフリカランドの新たな水準かもしれません。

 

先週の大幅な下落はズマ大統領によるネネ財務相更迭が原因です。

南アフリカのズマ大統領はほんと余計なことをしますね。

ネネ財務相は財政支出の抑制に取り組んでいましたが、与党からは歳出の拡大を求める声が高まったのと、ズマ大統領に近い方の会社を批判した等々が更迭の理由のようですね。

ネネ財務相を更迭し、代わりにデービッド・ファンルーエン氏を任命しました。

デービッド・ファンルーエン氏はあまり知られていない方だったのと、与党が進めたい支出拡大計画に反対できないのではということで、南アフリカの財政に懸念が出たため、急落につながったということらしいです。

 

 

今後のワーストケースの下値支持線は7.588円になりますね(-“-)

直近ではこれ以上は下がらないかなと思っていて、上値抵抗線あたりの8.4円くらいまでは上昇するのかなと思っています。

 

今週は特に重要な経済指標の発表はありませんでした。来週もありません・・・

 

一目均衡表は以下のとおり、すべてが×です・・・とほほ

"判定基準" 結果 前回の結果
基準線の方向性 × ×
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 × ×
遅行線と為替レートの位置関係 × ×

南アランドの一目均衡表

zarjpy-20151213

基準線と転換線

方向性を表す基準線は今週は下落してますね。

転換線が基準線を下回り5週間が経過しました。

抵抗帯(雲)

雲の下に位置しています(-“-)

遅行線

遅行線も為替レートの下に行って5週間経過しました。

 



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン