南アランド、下がるとしたら、昨年10月16日に付けた9.538円まで?(2015年7月12日)

2015年10月17日

先週「南アランド、ギリシャデフォルト懸念後、がんばって踏みとどまり中」を書きました。

しかし、結果は踏みとどまれず、さらに大幅下落が続き、他の通貨と同様に木曜日、金曜日に反発しています。

7月9日に金生産 (対前年比)が発表されました。今回は-4.9%という結果でした、前回が-8.8%ですから、少し改善していますね。

しかし、同日に鉱業製造も発表されました。こちらは芳しくなく、前回7.9%、今回の予想8.1%に対して結果は2.7%という結果でした。うぅ~~ん、残念(-“-)

一目均衡表ではレートが大幅に下落したため、いい要素は一切ありません。

下げるとしたらどこまで下がるのということが気になると思います。

わたしは2014年10月16日に付けた9.538円が下値支持線となっていると見ています。

これを下抜けしないようにみんなで祈りましょう・・・

南アランドの一目均衡表

zarjpy_20150711

 

基準線と転換線

方向性を示す基準線は先週は下降傾向でしたが、今週は明確に下落してます。

転換線も下降し、基準線との差は拡大しています。

抵抗帯(雲)

雲のはるか下に位置しています(+_+)

遅行線

遅行線は株価からだいぶ下に行ってしまった状態が続いています。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン