南アランド、ギリシャデフォルト懸念後、がんばって踏みとどまり中(2015年7月5日)

先週「南アランド、来週の電力発電の経済指標発表に注意」を書きました。

そんなのは簡単に打ち消すかのようなギリシャのデフォルト懸念でしたね。

今週はそれ以外には現在鉱山労組・公務員の労使交渉が始まったくらいですかね。あと7月9日に金・鉱物生産量が発表されます。

一目均衡表ではギリシャのデフォルト懸念で雲を下抜けしましたが、その後、踏みとどまり、再度雲に突入しました。

南アランドの一目均衡表

zarjpy_20150704

 

基準線と転換線

方向性を示す基準線は先週は水平でしたが、今週は下降傾向になっています。

転換線も下降していますが、基準線と転換線の幅は縮小しており、あと少しで基準線を上回りそうな感じです。

抵抗帯(雲)

先週は雲を上抜きしている状態でしたが、ギリシャのデフォルト懸念でまたまた雲の中に突入してしまいました。

遅行線

遅行線はギリシャのデフォルト懸念での株価下落に伴い、株価からだいぶ下に行ってしまいました。



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン