トルコリラ、消費者物価指数(前月比)の結果(2016年2月6日)

スポンサーリンク

前回、「ちょっと予想外な予想設備稼働率」を書きました。

 

今週のトルコリラは前半上昇し、後半下落し、若干のマイナスといった状況です。

そのため、RSIは先週とほぼ同水準です。

今のところ上値抵抗線は40.7円、下値支持線は38.2円かなと見ています。

 

今週は2016年2月3日に消費者物価指数(前月比)の発表がありました。

予想1.70%に対して、結果は1.82%と良好な結果でした。

 

ですが、トルコや南アフリカは経済指標によってあまり変化がないというか、外部要因での変動の方がはるかに大きいような気がします。

また、トルコは金融政策の正常化を進めると公約しましたが、政策変更を見送っている状態が続いており、市場から不安視されているのが現状です。

トルコ国内で抱えている問題は以下です。

  • イスラム国との対立
  • クルド労働者党(PKK)との対立
  • トルコによるロシア機の撃墜によるロシアとの関係悪化

トルコリラのRSI、上値抵抗線と下値支持線

指標 シグナル
RSI 48.77 中立
上値抵抗線 40.7円
下値支持線 38.2円

tryjpy-20160206


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

 


PAGE TOP