トルコリラ、まだ下がる可能性大だが、ひとまず1万通貨購入(2016年1月16日)

スポンサーリンク

前回「昨年の最安からさらに1%強の下落!」を書きました。

まだまだ下落してますねぇ。みなさんはどうお過ごしでしょうか?

投資は面白いもので、こういうときに苦しいと思う人と、もうそろそろ買おうかなと思う人とがいるのです。

わたしはどちらかというともうそろそろ買おうかなと思ってしまう方のタイプですね。

 

前々回「購入したい水準になっているけど、レバレッジをこれ以上あげたくないのと板挟み」でレバレッジをあげたくないから買うのを躊躇していると書きましたが。

よくよく考えれば、レバレッジをあげたくないのなら新規の資金を投入すればいいということから、資金を投入して、トルコリラをSBI証券の口座で1万通貨ばかり購入しました。

tryjpy-buy-20160116

今回の購入は「株券担保サービス」を利用しての購入です。REITを少しばかり購入したので、それを担保として購入しています。

担保に入れたREITは10万円弱くらいで、トルコリラは40万円くらいなので、レバレッジは上がっていますが・・・

 

今週は重要な経済指標の発表はありませんでした。

来週はスワップポイント派にとって重要な政策金利の発表が2016年1月16日にあります。予想は現状維持の7.5%です。

 

トルコ国内で抱えている問題は以下です。

  • イスラム国との対立
  • クルド労働者党(PKK)との対立
  • トルコによるロシア機の撃墜によるロシアとの関係悪化

一目均衡表はすべて×になりました。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性 × ×
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 × ×
遅行線と為替レートの位置関係 × ×

トルコリラの一目均衡表

tryjpy-20160116

基準線と転換線

方向性を表す基準線は下落傾向に入って2週間が経過しました。

転換線が基準線の下に潜って5週間が経過しました(>_<)

抵抗帯(雲)

今週に入って急落したため、雲からだいぶ下に位置しています(>_<)

遅行線

遅行線も為替レートの下に位置して5週間が経過しました(>_<)


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP