トルコリラ、昨年の最安からさらに1%強の下落!(2016年1月9日)

前回「購入したい水準になっているけど、レバレッジをこれ以上あげたくないのと板挟み」を書きました。

今週さらに下落して、購入したい水準と思っていたところからかなり下落しました。

為替レートも昨年の2015年9月28日に付けた39.20円からさらに1%強値を下げて現在38.80円となっています。

もともと最悪のケースで39円と想定していましたが、そこすら割ってしまいました。

どこまで下がるか分からない状況です(-“-)

 

前の記事でも書いたとおり、買いたいが、レバレッジをあげたくないという思いもあります。

まさに板挟み状態です。

どうしようかなぁと思っているところです。

 

 

 

今週は重要な経済指標の発表はありません。

ちなみに来週も重要な経済指標の発表はありません。

 

トルコ国内で抱えている問題は以下です。

  • イスラム国との対立
  • クルド労働者党(PKK)との対立
  • トルコによるロシア機の撃墜によるロシアとの関係悪化

一目均衡表はすべて×になりました。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性 × ×
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 × ×
遅行線と為替レートの位置関係 × ×

トルコリラの一目均衡表

tryjpy-20160110

基準線と転換線

方向性を表す基準線は下落傾向です。

転換線が基準線の下に潜って4週間が経過しました(>_<)

抵抗帯(雲)

今週に入って急落したため、雲からだいぶ下に位置しています(>_<)

遅行線

遅行線も為替レートの下に位置して4週間が経過しました(>_<)


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン