トルコリラ、一目均衡表からは良好?(2015年7月18日)

前回「トルコリラ、連立政権樹立に向け少し進展」を書きました。

それ以降はあまり連立政権に関するニュースは流れていない状況ですね。

トルコリラで直近で影響のありそうな固有の問題は上記くらいですかね。

それ以外は「高金利通貨に共通した為替相場に影響を与えそうな事象」にまとめてみました。

一目均衡表からは基準線の方向性は水平、基準線と転換線の位置関係はまだ上昇トレンドと言えず、為替レートは雲を上抜けして○、遅行線が為替レートを上抜けして○といった状態で、全体的には良好な状況だと見ています。

トルコリラの一目均衡表

tryjpy_20150718

基準線と転換線

方向性を表す基準線は水平です。

転換線は基準線の下に位置しています。もう少し踏ん張れれば、転換線が基準線を上回りそうな感じが、先週から続いている状況です。

抵抗帯(雲)

雲を上抜けしましたね(*^^)v

遅行線

まだ遅行線が株価を上抜けしまいた!!



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン