トルコリラはワーストケースが現実になり上昇基調から一転大暴落(2015年6月9日)

先週末「トルコリラは上昇基調。ただし総選挙後までは待った方がいいかも」で上昇基調だが、トルコ総選挙後までまった方がいいと言いました。待って正解でしたね。

先々週に「トルコリラは総選挙後まではグダグダした展開か」の中で、ワーストケースとして上げていた与党の過半数割れが現実となってしまいました(+_+)

その選挙の結果を受けて、大暴落です。

世論調査では与党が過半数取れる見込みだったはずなのにぃ・・・

でも見方を変えるとトルコリラ/円のスワップポイントの利回りが良くなったということですよね(^^ゞ

勇気がある人は今が買い時と言えるかもしれません。

ちなみに暴落前の利回りが9.3%で、現在の利回りが9.73%なので、差し引き0.43%利回りが良くなったと言えます。レバレッジ3倍で運用すると、約1.3%よくなったと言えます。

良くないですか?

 

トルコリラの一目均衡表

tryjpy_20150609

 

基準線と転換線

方向性を表す基準線はどう見ても水平ですよね。

転換線はまだ基準線の上にとどまってますね。なんとか。

抵抗帯(雲)

あっとゆうまに雲に突入。新興国通貨の怖さが出てますね。

遅行線

遅行線が株価の上を何とかとどまっている感じですね。



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン