NZドル、消費者物価指数が心配ですね(2016年1月24日)

前回、「耐えれてますか?」を書きました。

耐えてた人は今週の上昇で少しホッとしているかもしれませんね。

上昇してはいますが、予断は許さない状況かと思っています。

下値支持線は2015年9月7日に付けた74.7円と見ています。

上値抵抗線はちょっと分かりませんね(^^ゞ

 

今週は消費者物価指数 (前期比) (Q4)の発表が2016年1月20日ありました。市場予想-0.2%に対して、結果は-0.5%とあまりよくない結果でした。

ちなみに 消費者物価指数 (前年比) (Q4)もありましたが、こちらも市場予想0.4%に対して、結果は0.1%と芳しくない結果でした。

長期投資家としてはちょっと心配ですね。

この結果は先週書いたとおりほとんど為替レートには影響しませんでした。

今の地合いからするとあまり影響はないと思います。それよりも市場全体の影響の方が大きいとみています。

 

NZドルのRSI、上値抵抗線と下値支持線

指標 売買シグナル
RSI 40.2 中立
上値抵抗線
下値支持線 74.7円

※中立:買でも売りでもない

nzdjpy-20160123


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン