NZドル、耐えれてますか?(2016年1月17日)

スポンサーリンク

前回、「上がると思っていたが、急落!!」を書きました。

その中で、以下のように書きました。

ただ、他の通貨ペアを見ても分かるとおり、現在の地合いからするとさらに下落することを覚悟はしておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

そのとおりの結果になっていますね。まったくどうなっているだか・・・冷静に資産管理しながら対処していけばいいかなと思っています。長期投資は資産管理が肝ですからね。

下値支持線は昨年2015年9月7日に付けた74.65円の安値だと考えています。

 

 

今週は重要な経済指標の発表はありません。

来週は消費者物価指数 (前期比) (Q4)の発表が2016年1月20日あります。今の地合いからするとあまり影響はないと思います。それよりも市場全体の影響の方が大きいとみています。

 

一目均衡表は以下のとおりです。ほとんど○だったのが、すべて×に変わってしまいました。

ここは耐え忍んで、追加で購入すべき時かもしれませんね。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性 × ×
基準線と転換線の位置関係 × ×
雲と為替レートの位置関係 × ×
遅行線と為替レートの位置関係 × ×

NZドルの一目均衡表

nzdjpy-20160116

基準線と転換線

方向性を表す基準線は為替レートの急落を受けて、急落しています。

転換線が基準線の位置関係も為替絵レートの急落を受けて、下回りました。

抵抗帯(雲)

雲の下に位置して2週間が経過しました(T_T)

遅行線

遅行線が為替レートの下に位置して2週間が経過しました。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP