NZドル、乳製品の価格見通し引き上げで上昇(2015年9月27日)

保有している通貨ペアのうち今週唯一上昇した通貨ペアがNZD/JPYです。

全部下げているのと、1つでもいいから踏ん張っている通貨ペアがあるのとでは気持ちが少しばかり違いますね(^^ゞ

今週、他の通貨ペアは下げているのにNZD/JPYだけ上げているのはなぜか?

ぱっと見、それらしい理由が見当たらなかったので、調べてみました。

今週は乳製品の輸出の最大手であるフォンテラ が価格見通し引き上げました。

この価格見通しの引き上げはニュージーランド準備銀行が示した予想より強気だったので、NZドルが上昇したということです。

えっ!!、本当に!!

ニュージーランドの輸出の25.1%が酪農製品であるのは確かですが、それだけでニュージーランドドルが上昇するとは!!

それだけ、ニュージーランドにとって酪農製品が重要だということですかね。

 

来週は業況判断 (9月)が2015年9月30に発表されます。前回は予想-7.5%に対して結果は-29.1%と散々な結果でした(-“-)

今回もあまりひどい状況だったら更なる下落があるかなと見ています。

一目均衡表は以下のとおり、今週の為替レートが今の水準で推移すると遅行線が為替レートを上抜けしそうなので、遅行線と為替レートの位置関係を△にしました。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性 ×
基準線と転換線の位置関係 × ”×”
雲と為替レートの位置関係 × ×
遅行線と為替レートの位置関係 ×

NZドルの一目均衡表

nzdjpy_20150927

基準線と転換線

方向性を表す基準線は水平になっています。

先週は転換線は基準線の下に位置しています。

抵抗帯(雲)

為替レートは雲のはるか下に位置しています。

遅行線

遅行線は為替レートに近づいてきていますね(^^ゞ

為替レートが今の水準でいけば、遅行線が為替レートを越しそうです。



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン