びっくり!「株券担保 現金不足発生のお知らせ(第1回判定)」

スポンサーリンク

2015年4月1日に思いもよらないお知らせがSBIから来ました(>_<)

それはなんと「【株券担保 現金不足発生のお知らせ(第1回判定)】」!!!

こんな感じのお知らせです。

株券担保 現金不足発生のお知らせ(第1回判定)

あれ??預託保証金も十分なはずなのにどうして???

 

初めてのことで、結構あたふたして、右往左往してしまいましたが、よく読むと理解できました。

つまり、預託保証金のうち保証金現金の部分がマイナスだった場合、そのマイナス分を振り込めということらしい。

 

SBIの株券担保サービスの「お取引注意事項」のページにもちゃんと書いてありました!

決済に伴う、現金不足のご清算について
(預託保証金現金に不足金が発生した場合の解消方法について)
代用有価証券を利用したお取引において、現金でのお預りがない場合、または代用および現金でお預けいただいている場合に預託保証金現金以上の決済損等が発生し、当社が定める期限時点においても現金不足が解消されていない場合には、所定の期限内に決済損等と預託保証金現金との差額(以下「保証金現金不足」といいます。)をご入金により解消していただく必要があります。

 

ポイントは預託保証金「現金」以上というところですね。ただの預託保証金ではなく、その中の現金がマイナスでもダメということです。

SBIはロールオーバーが行われて損益を確定するので、含み損に対しても現金を振り込む必要があるみたいです(+_+)

つまり、株券担保サービスを利用して預託保証金が1,000万円あり、実際の通貨を10万円分しか持ってなくても、含み損が1万円でもあれば、その分の現金を入れる必要があるということなんです。

株券を担保にしている意味がすごく薄い気がします。担保ってそういうものなのかって(;一_一)

 

SBIのホームページからの引用ですが、以下のように書いてあります。

fx-genkin-busoku-2

確かに間違ってはいませんね。FX取引は始められた訳ですから。でも含み損が発生したら現金がいるってことですね。

でもなんだか釈然としません・・・株とは違い、FXは会社毎で結構ルールが違うみたいなので、ルールをしっかり見た方がいいですね。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP