豪ドル、4年ぶりの安値(2016年2月13日)

前回、「高金利通貨でなくなる日」を書きました。

今週、2016年2月11日に豪ドルが一時77.58円まで下落しました。

この77.58円は4年ぶりの安値です。

豪ドルの政策金利の引き下げる可能性が高いことから、下落してもなかなか買おうという気になれません(-“-)

ただ、自分の通貨ペアのポートフォリオを見ると豪ドルを増やしてバランスをとりたいという気持ちもあります。

複雑な心境です・・・

 

RSIは今週さらに下落しています。先週末時点では42.6でしたが、現時点では36.40です。

上値抵抗線は85.0円あたりと見ています。下値抵抗線は80.19円と見ています。

 

今週は特に重要な経済指標の発表はありませんでした。

来週は2016年2月18日に雇用者数増減の発表があります。市場予想は+15.0Kです。

雇用者数増減の市場予想と実際の結果は結構かい離していることがあるので要注意かなと思います。

豪ドルのRSI、上値抵抗線と下値支持線

指標 シグナル
RSI 36.4011 中立
上値抵抗線 85.0円
下値支持線 80.19円

audjpy-20160206



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン