豪ドル、下値支持線を下回り、下降傾向?次の下値支持線は86円弱?(2015年12月19日)

スポンサーリンク

前回、「利上げの話もあるし、来週も静観しよう」を書きました。

今週は軟調な動きだったので、静観して正解だったのかな。

週の前半は健闘しましたが、週後半で崩れて、先週末とほぼ同じ値になっています。

 

さすがにまだアメリカの利上げの影響がどうなるのかはもう少し後なのかなと思えてきました。

 

チャートを見ると、下値支持線を割っているのでよくない状況かなと見ています。

2015年10月末あたりの86円弱のところが下値支持線として機能するかなと思っています。

下値支持線については下の為替チャートを見てください。

 

今週は重要な経済指標の発表はありませんでした。

来週も重要な経済指標の発表はありません。

 

 

来週2015年12月15日に住宅価格指数 (前期比) (Q3)の発表がありました。市場予想2.0%に対して、結果も2.0%でした。オーストラリアでは不動産価格がよく注目される指標なので、気にしていましたが、まずまずかなと思っています。


一目均衡表は以下のとおり。悪化しています。一目均衡表からは下降トレンドに転換したように見えています。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性
基準線と転換線の位置関係
雲と為替レートの位置関係
遅行線と為替レートの位置関係 ×

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20151219

基準線と転換線

方向性を表す基準線は若干下落傾向です。

転換線が基準線を下回ってしまいました(>_<)

抵抗帯(雲)

為替レートが雲の中に突入してしまいました(>_<)

遅行線

遅行線が為替レートを下回って1週間経過しました。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン

PAGE TOP