豪ドル、予想外の爆上げ、来週は静観しよう(2015年12月5日)

前回、「来週もう少し調整か」を書きました。

調整どころか、爆上げでしたね・・・(^^ゞ

 

コモディティの相場が下落しているのになぜオーストラリアドルがこれほど踏ん張れるのかがよくわかっていません(^_^;)

なんせ、オーストラリアは資源輸出が中心だからです。

 

今は順調でもコモディティの相場が低調であれば、さらなる利下げが必要になる可能性は否めないと思っています。

現在の上値抵抗線と下値支持線からすると来週は89.00円-91.00円で推移するのではとみています。

上値抵抗線と下値支持線については下の為替チャートを見てください。

最近かなり上昇しているので、新規購入する気はなく、来週は静観を決め込む予定です。

 

今週はスワップポイント派にとって重要な政策金利の発表がありました。予想2.0%に対して結果2.0%でした。予想どおりでしたね。

ただ、上でも言いましたが、コモディティの相場が低調な状況が続けば、さらなる利下げの可能性はあると思います。

さらなる利下げがあった場合、政策金利2.0%に回復するまでは投資するつもりはありません。

来週は2015年12月10日に雇用者数増減 (11月)の発表があります。予想は-10Kです。

一目均衡表は以下のとおり。すべてが○になってます。

判定基準 結果 前回の結果
基準線の方向性
基準線と転換線の位置関係
雲と為替レートの位置関係
遅行線と為替レートの位置関係

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20151205

基準線と転換線

方向性を表す基準線は今週上昇しています。

転換線は基準線を上回って3週間経過しました。

抵抗帯(雲)

為替レートが雲を突き抜けて3週間経過しました。

遅行線

遅行線が為替レートを上回り、8週間経過しました(^O^)/


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン