オーストラリアドル、政策金利は据え置きだったものの・・・(2015年7月12 日)

先週「オーストラリアドル、本格的な下降トレンドに?」を書きました。

まぁ、下落はしてますね。ただし、IMFやオーストラリア中銀総裁の発言を踏まえての下落ではありませんが(-_-;)

ホッとできる情報を。2015年7月7日に7月の政策金利の発表がありました。ひとまず2%で据え置きでした(*^^)v

しかしですね、主要なコモディティの価格が下落している状況を感が見ると、オーストラリアドルがさらに下落する必要性があるという発言をしてます(@_@;)

余計なことを言わないでという気持ちでいっぱいですが、がんばって保有し続けようと思っています。

 

一目均衡表は、いい要素は一切ない状況です。

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20150711

基準線と転換線

基準線は相場の方向性を表します。基準線は下落傾向です。

転換線も基準線を下回っている状況です。

抵抗帯(雲)

レートは雲のかなり下に位置しています。

遅行線

遅行線が株価のはるか下に位置しています。



スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。

No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX

スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券

スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン