オーストラリアドルはアメリカの利上げ発表までは堅調(2015年6月12日)

オーストラリアドルは以前「オーストラリアドルは一時停滞しているもののこれからは上昇」と言いましたが、外れましたね(-“-)

企業信頼感指数が思いのほか高水準だったので、週初めは堅調でした。

しかし、ニュージーランドドルの利下げを受け、オーストラリアドルも一時急落しました。

その後、雇用統計がいい結果だったので、何とか踏みとどまっている感じですね。

それにオーストラリア国内の不動産価格に下げ止まりしてきたので、これから景気は上向くのではと思っています。

オーストラリア国内では不安要素はあまりありません。

為替全般に言えますが、不安要素は国外のアメリカの利上げの発表がいつかということです。発表されれば、かなり調整が入るのではと思っています。

一目均衡表からは上昇を示唆しているので、安心感がありますね(^^ゞ

オーストラリアドルの一目均衡表

audjpy-20150612

基準線と転換線

基準線は相場の方向性を表します。基準線は上向きで、上昇トレンドです。

転換線が基準線を上回っている状態が続いています。ただし、その差は少なくなってきており、少しばかり心配です。

 

抵抗帯(雲)

雲を突き抜けて1ヶ月程度経っています。いい傾向です。

遅行線

遅行線が株価を上に位置しており上々です。ただし、あと少しで株価が遅行線を越してしまいそうです。


スワップ派投資仲間のブログはこちら

スワップ派長期投資におすすめFX会社

FX会社によってスワップポイント長期投資に向いている向いていないがあります。どのような基準で決めているのかはこちらを見てください。
No1
No2
No3
日々のスワップポイントを複利運用できる1通貨単位の取引を実現

SBIFX
スワップポイント業界No.1水準。リスク分散が容易な24通貨取り扱い

ライブスター証券
スワップポイント派も短期の売買にも向いている

外為ジャパン